SSL暗号化方式TLS1.2有効設定について

SSL TLS1.2有効設定

■ SSL暗号化方式TLS1.2有効設定について

世界基準でWEB通信安全性に対し、SSL暗号化方式がTLS1.2へと変更されます。
特に各WEB決済サービスでは、ほとんどがTLS1.2へ変更されてきており
古いブラウザではWEBクレジットカード決済も行えないため
新しいブラウザにてご利用頂けますようお願い申し上げます。

Internet Explorer / Firefox / Chrome / Safari

Internet Explorerをご利用の場合

(1)Internet Explorerのバージョンを確認する
ご利用ブラウザが「Internet Explorer9」以上であることをご確認ください。
Internet Explorerのバージョン確認方法はこちら

・Internet Explorer9以上 → バージョンアップは不要です。(2)に進んでください
・Internet Explorer8以下 → ブラウザのアップデートが必要です。アップデート後、(2)に進んでください
Internet Explorerのアップデート方法はこちら

(2)TLS1.2を有効にする
※Internet Explorer11以上の場合、デフォルトでTLS1.2有効のため、下記対応は不要です。

1.Internet Explorerの「ツール」のうち「インターネットオプション」をクリック

Internet Explorer1

2.「詳細設定」タブをクリック

Internet Explorer2

3.「TLS1.2の使用」にチェックを入れ、「OK」をクリック。以上で設定完了です。

Internet Explorer3

Mozilla Firefoxをご利用の場合

(1)Mozilla Firefoxのバージョンを確認する
ご利用ブラウザが「Mozilla Firefox24」以上であることをご確認ください。
Mozilla Firefoxのバージョン確認方法はこちら

・Mozilla Firefox24以上 → バージョンアップは不要です。(2)に進んでください
・Mozilla Firefox23以下 → ブラウザのアップデートが必要です。アップデート後、(2)に進んでください
Mozilla Firefoxのアップデート方法はこちら

(2)TLS1.2を有効にする ※Firefox27以上の場合、デフォルトでTLS1.2有効のため、下記対応は不要です。

1.アドレスバーに【about:config】と入力し、Enterキーを押下

Firefox1

2.【動作保証対象外になります!】という警告ページが表示されますが、「危険性を承知の上で使用する」をクリックし、about:configページを開く

Firefox2

3.「security.tls.version.max」を「3」に変更。以上で設定完了です。

Firefox3

Google Chromeをご利用の場合

(1)Google Chromeのバージョンを確認する
ご利用のブラウザが「Google Chrome30」以上であることをご確認ください。
Google Chromeのバージョン確認方法はこちら

・Google Chrome30以上 → バージョンアップは不要です。
・Google Chrome29以下 →ブラウザのアップデートが必要です。

Safariをご利用の場合

(1)Safariのバージョンを確認する
ご利用のブラウザが「Safari7」以上であることをご確認ください。
Safariのバージョン確認方法はこちら

・Safari7以上 → バージョンアップは不要です。
・Safari6以下 → ブラウザのアップデートが必要です。
Safariのアップデート方法はこちら

■ 関連記事