運用中の「コアサーバー」と「エックスサーバー」の簡単比較

運用中の「コアサーバー」と「エックスサーバー」の簡単比較

「コアサーバー」と「エックスサーバー」の簡単比較

実際に当社で運用中で、ブログ記事の玄人(上級者)向けの「コアサーバー」お勧めサーバー「エックスサーバー」でもご紹介の「コアサーバー」と「エックスサーバー」についての比較を簡潔に行ってみました📑。

価格とプランの種類、基本仕様について(全て税別。2018年12月9日時点での内容です)
コアサーバー エックスサーバー
■ お試し期間 30日間 10日間
■ 初期費用 0円(無料) 3,000円
■ プランの種類と費用 プラン一覧 X10プラン
X20プラン
X30プラン
■ 無料独自SSL
(Let’s Encrypt)
対応
(自動更新、管理画面から簡単設定)
■ 有料SSL 対応
■ 他社発行のSSL証明書持ち込み 可能 持ち込み不可
■ メールサポート 対応
(平日09:30 ~ 17:30)
対応
(24時間365日)
■ 電話サポート 「CORE-Bプラン」と「CORE-Cプラン」のみ対応
(平日10:00 ~ 17:00)
対応
(平日10:00 ~ 18:00)
■ 独自、マルチ、サブドメイン 全て対応
■ 管理画面から簡単にインストール出来る著名な無料サービス 無し WordPressEC-CUBEなどの人気プログラムを、パーミッション変更など面倒な手間なく設置・インストールすることが可能
■ CGI、PHP、.htaccess 全て対応
当社作成のCGI、PHPプログラムが問題なく動作する事も確認済みです)
■ その他 機能一覧 機能一覧
大量メールの送受信数の制限について
1日あたりの以下送受信(送信と受信が出来る数が設定されています

CORE-MINI5,000通
CORE-A10,000通
CORE-B40,000通
CORE-C120,000通
自社プログラムでメルマガ配信など行う場合は、コアサーバーがお勧めです

各プラン共通で、下記のメール送信数(送信出来る数)の目安が設定されています

1,500通/時間
15,000通/
(上記の目安量を著しく超えている場合は、メール機能の利用制限が発生する場合があります)

実用している上での個人的な感想について

サーバー設定等に慣れている方ですと、自由度も高く、料金的にも断然「コアサーバー」をお勧めするのですが、設定等をご自身で行う上で少しでも不安がある場合、サポート面が充実していて、何より「よくある質問」ページからのみでも解決出来る事が多いエックスサーバー」の方が、コアサーバーよりも料金が高い分に見合った安心を得られると思います。

また、WordPress(ワードプレス)はエックスサーバー(XSERVER)側で運用していますが、エックスサーバーでのインストール方法が、とても簡単で分かり易く満足しています
コアサーバーにWordPressをインストールする方法を解説されているサイト様のリンクも貼っておきます)






お勧め独自ドメイン取得サイト

独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】

バリュードメイン

年額1,180円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス、スタードメイン

■ 関連記事

[PR | 広告スペース]









|